My Cart

カートを閉じる

Independent record label // Music store

PØRTAL Blog #4

Posted on April 25 2019

シューゲイズ第三世代の到来を告げるOutwardのニューアルバム「That's Life」ー

Corey Philpot(コーリー・フィルポット)によるプロジェクト“Outward”がケンタッキー州のレーベルSomewherecold Recordsより初のフィジカル作品となる「That's Life」をリリースした。
Outwardはソロでありながらバンドのアンサンブルを表現すると言う次世代ベッドルームミュージックの解釈に基づいた活動を行っている。昨年『Path』をリリースしたブルックリンのKraus(クラウス)なども同様の活動スタンスを取っているが、これはシューゲイズの新しい支流とも言える。

Kraus - Path

シューゲイザーのカテゴリーを超えた第三世代ー

80年後半~90年代のオリジナル・シューゲイザーバンドを第一世代とするならば、時を経て発生したリバイバルムーブメントは第二世代。多種多様な表現方法を持つ現在のアーティスト達は第三世代である。
この第三世代と第二世代との決定的な違いはシューゲイズ直下の影響では無い場合が多い事だろう。
いわゆるシューゲイザーを積極的に取り入れようとしたのが第二世代。結果的に理想的な着地点がシューゲイズとなってしまったのが第三世代とも言い換えられるのでは無いだろうか。
Outwardの場合も彼が大きく影響を受けたと言うNine Inch NailsやU2、My Bloody Valentineの影響を純粋に表現した結果、次世代の解釈によるシューゲイズが完成したのである。
恐らく日本でも何がシューゲイザーなのか?と言う疑問を持つリスナーが多いかも知れないが、シューゲイズの進化は既にカテゴライズ出来る範疇を超えてしまったのかも知れない。

Outward-For Sure


より個人の内面にフォーカスして制作に取り組んだと言う「That's Life」ー

シンセポップからインダストリアル、グランンジをシューゲイズ、ドリームポップで包み込んだような不思議なサウントとウォーミーな世界観は彼のパーソナリティそのものを表現しており、同世代の日本の若手シューゲイズバンド達にも是非聴いて貰いたい。きっと共感出来るはず。実は「Post-RPG Depression」と言う曲もある程かなりのゲーム好きでてより日本に興味があり、日本のバンドもチェックしているそうなので是非PØRTALを手に取って彼のインタヴュー全文を読んでみて欲しい。

That's Life(CD)
¥1,800

今後こちらのPØRTAL BlogではZineや関連イベントの情報を随時お伝えして行きますのので是非チェックして下さい!

お取り寄せは(缶バッチ付き)250円

PØRTAL  ISSUE#1

INTERVIEW

Amusement Parks On Fire
Blushing
Outward

FEATURE&COLUMNS

CEREMONY “DARLING ”

Undercover Suicide
上田健司の英国滞在記
DISC REVIEWS
etc...