SHE SIR

GO GUITARS

¥2,200

音楽都市テキサスはオースティンで活動するシルキー系シューゲイザー、シー・サー(SHE SIR)の待望となる2ndアルバムが完成!純度の高いドリーミー・サウンドが満載でキラキラ感も◎ テキサスはオースティンで活動する4人組ネオ・シューゲイザー・バンド、シー・サー(SHE SIR)。2006年にデビュー・アルバム『WHO CAN'T SAY YES』を発表、2010年にはHAPPY PRINCEから日本編集盤『EV'RY THING IN PARIS』もリリースされ、その翳りのあるメランコリックなメロディなどでシューゲイザー・ファンを虜に!本作は約8年振りとなる2作目のニュー・アルバム!彼らの真骨頂であったネオ・サイケなギター・サウンドと90年代初期のCREATIONのようなインディ・ロック然とした佇まいから格段に脱却し、憂いのあるシルキーなギターのレイヤード、センチメンタルなリヴァーブ、フィル・スペクター調なウォール・オブ・サウンドなどが叙情感と一緒に優美に紡がれ、純度の高いドリーミー・ポップを構築。本作は、シューゲイザーのルーツでもあるGO-BETWEENSやFELT、PYLONなどの80年代インディ・ポップたちの作品からインスパイアされて作られたそうです!  トラックリスト1. Portese2. Kissing Can Waitbr3. Bitter Bazaarbr4. Warmwimming5. Mania Mantle6. Winter Skirt7. Snakedom8. He's Not a Lawyer, It's Not...