My Cart

カートを閉じる

Independent record label // Music store

Lüstzöe

わかってたまるか(CD+DVD)

¥1,600

カタヤマヒロキ(Vo)の吐き出す初期衝動の激しさと儚さが響く唄声、トラックはトラップ、インダスト リアル、ポストEDM以降を感じさせる音像とロックンロールの衝動。不穏でホラー映画の様なサウンドメイク、ヴァースを経て壮大に美しく鳴りはじめるエモーショナルなコーラスパート。唄われるリリックは普遍的でもあり2019年今を生きるユースの心情を暴き出す。

 

1 . わかってたまるか
2 . secret song ( coversong )

※Garnet Records特典・ラストゾーイステッカー付き

MAYHEM - 004
MANUFACTURED BY : MAYHEM RECORDS

Lüstzöe : カタヤマヒロキ(Vo)、XXXATSUSHI(BASS)、YU-$UKE(GUITAR)、ドラマー不在の3ピース。その変則的な編成ゆえに音源制作はマニピュレーターが参加してバンド編成に囚われる事なく行われ る。カタヤマヒロキの故郷である九州から始まったオールドスクールロックの系譜を踏まえながら、それを壊すサウンドを鳴らすLüstzöe(ラストゾーイ)。今年4月5日には初ライブであり初の自分達のイベント”sympathy for the devil” を開催。渋谷VUENOSで行われた初gigには期待するオーディエンスでフロアは埋り、2nd single "わかってたまるか” でライブをスタート。轟音と重低音が響く中、強烈な1発目を浴びせ中盤で演奏されたJAZZミーツPUNKな新曲、Billie Eilish、
Blankey Jet Cityのカヴァー、そして1st single “憎威” で初ライブは終演。シングルで発表済みのシーケンスを使用した楽曲と生でのグルーヴが混在するライブ、ステージ後方前面に張られたスクリーンにはモノクロで統一された映像を流し、頽廃とエモーショナル、轟音と重低音の 中
カタヤマヒロキの歌声が鋭く鮮明に刻まれた。今後も隔月で開催される自主企画 ”sympathy for the devil” やイベント出演、6月7日には2回目となる自主企画が渋谷チェルシーホテルで開催される。そこでは早くも3枚目となるシングルをドロップ予定、現在順調に制作中。そして今年秋には1st albumをドロップする計画で進行中。Lüstzöeの暴動はじまりです。